★ランキングに参加しています★




【過去記事】
婚活パーティー参戦
自分にとって『有利』な婚活とは
婚活ウケする女とは
オトコン参加、雰囲気めっちゃいい!
婚活パーティーの流れ
始まる前から劣等感
1人目、35歳のさわやかな方
2人目、絵に描いたような理系男子 
3人目、可愛いお顔の23歳
4人目、三枚目の男の子
別れかけた彼のことを思い出す
第一印象の結果
6番さんへの手応え……あれっ?


最終カップリング発表時。


このパーテイーでは「リクエストカード」というものに第3希望まで、希望の番号を書いて提出する。


わたしは第一希望に6番さんのみ記入して提出した。


参加した当初は何も書かずにいるつもりやったけど、なんか、やけになってしまって……。


自分が通用するのかどうかを知って安心したいって気持ちが強くなってしまった。


今までの感覚でいうとぶっちゃけ、わたしが良いな、と思った人とはほぼほぼカップリングできてた。無理な人もおったけど、それはもう自分が相手の好みの対象外っぽいときくらい。


6番さんの好みの対象から大きく外れてるキャラではないことは、話をしてればなんとなく把握できる。それに、わたしのアピール度合いからして、6番さんのような人ならほぼカップリングできる……はずなんやけど。


でも今回はなんとなく、ダメそうな気がして……。





【経緯】
婚活を始めるキッカケとなった人との思い出の地へ。
別れたのは6年近く前、
失恋、パワハラ、解雇、鬱、セフレ、裏切り、婚活、結婚相談所。
思い出に浸る旅、開始早々のハプニング。
6年の進歩を感じた出来事。
元カレと過ごした地で感じたこと
記憶を辿って見えたもの
ダメ男とばかり思っていたけれど
婚活7年生の現状……婚活の副作用?
距離を置いていた彼と1ヶ月ぶりに連絡をとった
別れを切り出された。
別れ話の行方
翌朝
彼の人柄、経歴……エリートとは
失ってから気づくってこういうことなのかな
最後の時に向けて 
彼と付き合って変わったこと 
必要以上に彼を責めた理由 
自分が間違ってたことに気がついた
準備を整え、そして…… 
その時を迎えた 
何事もなかったかのように 
泣かないと決めてたのに 
優しくしないで
表面上だけ、いつものように
彼の決断