★ランキングに参加しています★




【過去記事】
彼と久しぶりのお出かけ……でも。
自分の幸せがいちばんな人疑惑
気づいてしまうわたしもわたしか
直接会って気持ちを伝えようと思い立つ
彼の家を突撃訪問
落ち込んだ様子ででも絡んでくる心理がわからない
泣いてばっかり
彼の気持ちが冷めてしまったのか
せつないハグ
お泊まりの提案


これを書いているのは2018年12月6日。


更新してる頃には彼との関係も大きく変わってるんやろう。 


FullSizeRender



こわい、こわすぎる。こわい。


急に更新せんくなったら察してください。


自ら蒔いた種とはいえ、心がもう痛んでる。


わたしは彼に求めすぎた。わたしの不安を満たすために彼に過大な要求をしてた。


そりゃあ彼は疲れるわ。わたしのこと嫌いになるわ。





ごめんね。


と思う反面もやもやも……。


婚活7年もしてるくせになんも学んでへん。


わたしどうなっていくのかな。自分がどうなりたいのかもわからへん。


経験からなにも学んでへん。


今更……


いつもいつも、何か起きてから後悔する。後悔するのが遅すぎるんや。


つらい……


原点のあの絶望感、婚活を始めた頃のアレ。


調子いいときは全部コロッとわすれるんや。


ぜんぶ終わり。


いやや。





【経緯】
婚活を始めるキッカケとなった人との思い出の地へ。
別れたのは6年近く前、
失恋、パワハラ、解雇、鬱、セフレ、裏切り、婚活、結婚相談所。
思い出に浸る旅、開始早々のハプニング。
6年の進歩を感じた出来事。
元カレと過ごした地で感じたこと
記憶を辿って見えたもの
ダメ男とばかり思っていたけれど
婚活7年生の現状……婚活の副作用?
距離を置いていた彼と1ヶ月ぶりに連絡をとった
別れを切り出された。
別れ話の行方
翌朝
彼の人柄、経歴……エリートとは
失ってから気づくってこういうことなのかな
最後の時に向けて 
彼と付き合って変わったこと 
必要以上に彼を責めた理由 
自分が間違ってたことに気がついた
準備を整え、そして…… 
その時を迎えた 
何事もなかったかのように
泣かないと決めてたのに 
優しくしないで
表面上だけ、いつものように
彼の決断