★ランキングに参加しています★




【過去記事】
彼と久しぶりのお出かけ……でも。
自分の幸せがいちばんな人疑惑
気づいてしまうわたしもわたしか
直接会って気持ちを伝えようと思い立つ
彼の家を突撃訪問
落ち込んだ様子ででも絡んでくる心理がわからない
泣いてばっかり


泣くつもりなんてなかったし、暗がりでばれないやろうと思ったけど、ダメやった。


彼の家に向かう道中、人もまばらにいる中やのに。


彼「責めてないのに(笑)」
私「わかってる、でも、申し訳ないなあと思って」


彼の瞳は優しかったけど、それはきっと私が涙を流してるから。わたしたちの関係っていう核心のところは……と思うと余計に泣けたのは内緒。


頭の片隅で、彼の切なそうな目はわたしへの気持ちが冷めたことを表してるのかなあなんてぼんやり考えてた。





【経緯】
婚活を始めるキッカケとなった人との思い出の地へ。
別れたのは6年近く前、
失恋、パワハラ、解雇、鬱、セフレ、裏切り、婚活、結婚相談所。
思い出に浸る旅、開始早々のハプニング。
6年の進歩を感じた出来事。
元カレと過ごした地で感じたこと
記憶を辿って見えたもの
ダメ男とばかり思っていたけれど
婚活7年生の現状……婚活の副作用?
距離を置いていた彼と1ヶ月ぶりに連絡をとった
別れを切り出された。
別れ話の行方
翌朝
彼の人柄、経歴……エリートとは
失ってから気づくってこういうことなのかな
最後の時に向けて 
彼と付き合って変わったこと 
必要以上に彼を責めた理由 
自分が間違ってたことに気がついた
準備を整え、そして…… 
その時を迎えた 
何事もなかったかのように
泣かないと決めてたのに 
優しくしないで
表面上だけ、いつものように
彼の決断