★ランキングに参加しています★




【過去記事】
婚活を始めるキッカケとなった人との思い出の地へ。
別れたのは6年近く前、
失恋、パワハラ、解雇、鬱、セフレ、裏切り、婚活、結婚相談所。
思い出に浸る旅、開始早々のハプニング。
6年の進歩を感じた出来事。
元カレと過ごした地で感じたこと
記憶を辿って見えたもの
ダメ男とばかり思っていたけれど
婚活7年生の現状……婚活の副作用?
距離を置いていた彼と1ヶ月ぶりに連絡をとった
別れを切り出された。
別れ話の行方
翌朝
彼の人柄、経歴……エリートとは
失ってから気づくってこういうことなのかな
最後の時に向けて 
彼と付き合って変わったこと 
必要以上に彼を責めた理由 
自分が間違ってたことに気がついた
準備を整え、そして…… 
その時を迎えた 
何事もなかったかのように 
泣かないと決めてたのに 
優しくしないで
表面上だけ、いつものように
悔いが残らないよう最善は尽くした
彼の決断


わたしはキョトンとしてしまった。


まさかこれからもよろしくと言われるとは、それに、こんなにもさらっと言われるとも思ってなかったし。


私「精進します」
彼「そのままでいいの。でも、一部だけやめてほしい」
私「はい」


空気がいっきに緩んだのを感じた。







相変わらず食欲はなかったので、私が注文したものも一通り食べてもらった。


良い時間になったので、私たちはお店を出て帰路につくことにした。


クリスマスのイルミネーションのあいだを手をつないで歩いた。


私「綺麗やね」
彼「もうそんな季節なんだね」


いつもなら何でもないことやけど、すごく貴重なものに感じた。


・ ・ ・


正直、心の隅では「これで良いのかな」って気持ちがあった。


でも、やれることをやってこうと、この時からこれを書いてる今でも思ってる。


その先にきっと、最も良い結果があると思うから。