★ランキングに参加しています★







あかんことをしてしまったんや。


記憶が薄れてほんとかうそか、わからんくらいのものになってた。都合よく、あぁ、過去にこんなこともあったな〜くらいのことにしようとしてた。


そんな程度にしてはいけないことやのに。







昨日、仕事である地に行った。ひとりで。


わたし、行ったことのない地域やと思ってた。初めての場所やと。その地へ行くまで気づかんかった。


なーんか来たことあるぞと思って……見覚えのある道、お店、マンション……あっ、ってなった。







つい、3年前?4年前?


武蔵と付き合うちょうど1年前にことが起こった。


わたし、荒れてたんや。漠然と、根拠もなくずっと信じてたこと……このことを機に、それまで自分がそういう考えやと知ったんやけど……善人は救われるとか正義は勝つみたいなこと、日本で普通と言われる生活を送っていれば、理不尽なことはおこらないしおこってはいけなちと思ってた。それが、間違ってたってことをみにしみて実感することがあって……。


そんな時、好意を寄せてくれてる人がいた。


笑顔が素敵なひと。優しいってこと、一目見たらわかるようなひとやった。


出会いは婚活パーティー。


その時は、人柄とフィーリングだけを重視しようとしていた時期。好みの学歴(理系で頭ええところ)や職業(人馴れしていないタイプの職)もあるけれど、それは二の次にしようって思ってた。それまでの婚活でなかなか成果がなかったから、何かと変えて努力をしてたんや。







当時、わたしには付き合っているのかそうでないのか不安定な人がいた。1年ほどかけて口説かれておつきあいを承諾したんやけど……そこまで互いの距離が近いわけではなかった。人としては好きやった。心を持っていかれてなかったのが唯一の救い。


その人は頻繁に海外出張をするひと、言っても2週間程度やったから、おおよそ3週間に一度の頻度で出かけてた。会わない日は週に数回のLINEのみ。物足りひんかった。


言うてそこまで関係は深まってなかったし本人にそういったことは言えず……婚活パーティーに明け暮れてた。ときどき合コン。







そんな時に出会ったひとやった。



▽次の日記
2優しさの塊のようなひと