★ランキングに参加しています★

【過去記事】
1 人生二度目の告白、私が惚れてしまった人……きっかけはネット婚活

2 経歴は婚活4年史上過去最高、でも、飾らないピュアさにむしろ裏を感じる

3 国家公務員の若き研究者とかキラキラしててもう……まぶし……
4 手が届かないと思ってた人からの『あいさつ』
5 メッセージを待ってそわそわ時間を過ごすなんて無粋だわ!
6 念願叶って届いたのは文字制限いっぱいの超長文
7 研究者さんからの初めてのメッセージはとっても好印象
8 考えて考えて、1日あけて返事をした内容がコレ
9 毎日300字ピッタリのメッセージのやりとり
10 気恥ずかしいけどブログやから書けるけどあれはもう『恋』やった
11 なんで連絡先交換言い出してくれへんのん(;o;)
12 マサカノ連絡先交換デキズ????
13 強硬突破なるか
14 渾身のマジボケをかましてしまった
15 制限がなくなった私たちは何か変な方向に進んでってた
16 ^・x・^ { 初対面のお誘いゲット♡
17 初めての電話……盛り上がってた気持ちがしょぼくれた
18 やっと会ったのに……目を見てくれない研究者さん
19 わたしの婚活史上おそらくいちばんスゲーひとやった
20 はしゃぐ研究者と婚活4年生
21 あっというまの4時間、初対面終了
22 二度目のデート。だがしかし記憶が……
23 美術館より何より、カフェでのお話が一番盛り上がったんや
24 先生と生徒もしくは先輩と後輩ごっこ
25 2回目のお出かけもさらさらと終了
26 過去の苦い痛手を引きずってたんや
27 はっきりしてよ、悶々。






続きを書こう。研究者さんと三度目のお出かけの時のことやな。


この日は博物館→フクロウカフェに行くことになってたんや。博物館言うても小さいところやったから、所要時間を2時間足らずでみてた。お昼後待ち合わせ→博物館→フクロウカフェ→夜ごはんの流れを予定して、そして、博物館の最寄駅で待ち合わせたんや。


案の定。


博物館で、わたしと研究者さんと、シュールなノリで盛り上がってしまった。他のお客さんの迷惑にならないよう、笑い声をあげないよう抑えるのが必死で……気付いた時にはもうカフェの予約時間間近になってしまってた。


電話したら夜に空きがあるとのことで、時間をずらしてもらって、引き続き博物館へ。


で、気づけば3時間半が経ってた。


お互いの 、何をどうしてそんなに時間が経ってしまってたのかわからんくて今でも謎。


ここまでは順調やったんやけど……







フクロウカフェに移動して、席に着いて。研究者さん念願のフクロウカフェやって、デジカメを持参してはったんや。


フクロウを愛でてはパシャリ、愛でてばパシャリを繰り返していたら、店員さんが気を利かせてくれて。


店員「撮りましょうか???(^-^)」


超丁寧でにこやかやった。


でも……


わたし、この時、ものすごーーーく写真を撮られるのが苦手、というより、嫌いやったんや。理由はまたいつか書くけれど。


わたしはフリーズしてしまった。研究者さんは、わたしが写真嫌いなの知ってた。で、わたしの顔を見て、店員さんの顔を見て……沈黙。


おいなんか話せや。


まぁわたしがせっかちなんもあるけど。その沈黙が心地悪くて。


葉月「じゃあ、お願いします〜」
研究者「お、お、お願いします」


え?あなた写真嫌いじゃなかった?……みたいなふうな顔してわたしと店員さんの顔をキョロキョロ見ながら、研究者さんは言った。


イライラした。




29 ツーショットを撮られた

婚活5〜6年生の日記はこっち。