★ランキングに参加しています★

【過去記事】
1 人生二度目の告白、私が惚れてしまった人……きっかけはネット婚活

2 経歴は婚活4年史上過去最高、でも、飾らないピュアさにむしろ裏を感じる

3 国家公務員の若き研究者とかキラキラしててもう……まぶし……
4 手が届かないと思ってた人からの『あいさつ』
5 メッセージを待ってそわそわ時間を過ごすなんて無粋だわ!
6 念願叶って届いたのは文字制限いっぱいの超長文
7 研究者さんからの初めてのメッセージはとっても好印象
8 考えて考えて、1日あけて返事をした内容がコレ
9 毎日300字ピッタリのメッセージのやりとり
10 気恥ずかしいけどブログやから書けるけどあれはもう『恋』やった
11 なんで連絡先交換言い出してくれへんのん(;o;)
12 マサカノ連絡先交換デキズ????
13 強硬突破なるか
14 渾身のマジボケをかましてしまった
15 制限がなくなった私たちは何か変な方向に進んでってた
16 ^・x・^ { 初対面のお誘いゲット♡
17 初めての電話……盛り上がってた気持ちがしょぼくれた






初対面の日。わたしたちは展覧会が行われる会場の最寄り駅、改札前で待ち合わせる予定やった。


あいにくの大雨、というか台風がきていて、なんとも運の悪い……でも、わたしは研究者さんにはやいこと会ってどんな人か知りたかったし、電車が止まってしまったとすればその時にいろいろ考えたらいいわとりあえず会うぞーーーっって勢いやった。


研究者さんも台風のことには触れず……わからんけど、たぶん、似たようなことを思ってたと思う。







待ち合わせ場所に着くと、すぐにわかった。プロフィール通り、周りの人より頭ひとつ分長身で……いかにも真面目を絵に描いたような、それでもって少しおたく臭のする、メガネの男性がいた。


わたしに気づくと、丁寧に、といった表現が正しいのかどうかはわからないけれど、ややうつむいてこわばった表情のまま、スタスタスタと、わたしの方へと向かってきた。


研究者「葉月さんですか?」
葉月「はい。研究者さんですよね?初めまして、今日はどうもありがとうございます」
研究者「いえいえこちらこそ、遠路はるばる、どうもありがとうございます」


研究者さんはふかぶかとお辞儀をした。








その場で、天気のこととか、いくつかいろいろ話したんや。でもなー。あいにく。やっぱり、『なんか違う』って強く感じてしまった。


研究者さんも同じ気持ちやったんじゃないかな。


くわえて、目を見てくれなかったので、なんか虚しかったんやわ。でも、その虚しさに関してはすぐに解消された。


展覧会の無料チケット、その場で渡してくれたんやけど……研究者さんの手、見てすぐわかるくらい、ものすんごく震えててん笑


学会やら講義やらで発表したりするやろうに、何をわたしと展覧会に行くだけでそんな緊張してんねやろうって。意外すぎた。


魔法使いやからか。(失礼)




▶▶▶ 19 わたしの婚活史上おそらくいちばんスゲーひとやった