過去の記事はこれ。


結婚相談所で知り合ったあの人が12才下の子と婚約した


あとは、こんなことを話してた。


「ぶっちゃけ、初めて会った日の向こうからの好きオーラがすごかった」
「ひっさしぶりに、俺いけるって思たねん」
「婚活歴だけ重ねてどないなるんやろ思ったけどようやく……」
「いや、まだまだこれからやねんけどな」
「とか言いながら別れたーって連絡あったときはちゃんと笑ってや」


観覧車のてっぺんでチューをしたんですって。


そこまで別に聞いてないし!!!


でも、とても幸せそうでこちらまでほくほくとした。







その後も何回か電話あったけどそのまんまにしてた。


で、や。


わたしの今付き合ってる人のことで思うことがあった時(格差問題……)にたまたま電話があって。で、電話してもろてるくせにいっちょまえに相談乗ってもらって解決して、ほんでや。やっと、佐々木さんの近況を聞いた。


たしか先月か、先々月か。


ちょうどその日、初めて彼女さんのご両親に会ったってゆうてた。


彼女さんをおうちに送ってったら「上がって行き〜」ってなったんやそう。で、大歓迎してくれ、なんやかんやおもてなしをしてくれ、その日はおいとましたんやとか。


(佐々木さんいわく彼女さんのご家族は『ちょっと田舎の人』らしい。『ちょっと田舎の人』って何。未だに謎やけど耳に残ってる)


その頃にはふたりはもう恋人同士盛りに盛り上がってる時期で、互いに「いつ入籍しよう」「はやく一緒に住みたいね」なんて話してるって言ってた。