★ランキングに参加しています★

【過去記事】
1 人生二度目の告白、私が惚れてしまった人……きっかけはネット婚活
2 経歴は婚活4年史上過去最高、でも、飾らないピュアさにむしろ裏を感じる
3 国家公務員の若き研究者とかキラキラしててもう……まぶし……
4 手が届かないと思ってた人からの『あいさつ』
5 メッセージを待ってそわそわ時間を過ごすなんて無粋だわ!
6 念願叶って届いたのは文字制限いっぱいの超長文






いや、全裸やったしさ。


私は喜びを胸に、そのままお風呂に入った。そして、風呂場にスマホを持ち込んで、湯船に浸かりながら研究者さんからのメッセージを読み返した。


内容はざっと、こんな感じ。


『真面目で丁寧な文面に惹かれたよー』『あったかい印象をうけました』『好きな本、いっしょですね』『こんな私ですがどうぞよろしく』『プロレス、私も昔は見てました』
※実はこのころは大絶賛、プロレスの一文を書いてた


あと(`・ω・´)こいつとか(´・ω・`)こいつとかが間にはさまってて、研究者さんの文面のやわらかさを助長してた。


とは言え……正直なところ、30代半ばでこの顔文字使うのってどうなん?って思った。オタッキーな要素を持ち合わせてはるのかなぁー、とも。


別にオタクでも良いけど、本気の萌えオタは嫌や。あと、それを凌駕する魅力を持ち合わせてない人とか……。


特に、自分より4つ以上年上の人でオタを堂々と出してくる人は、ちょっと嫌やなって思ってしまう。(3つやったらなんとなく同年代感あるし大目に見ちゃうかも)