★ランキングに参加しています★

【過去記事】
1 人生二度目の告白、私が惚れてしまった人……きっかけはネット婚活
2 経歴は婚活4年史上過去最高、でも、飾らないピュアさにむしろ裏を感じる
3 国家公務員の若き研究者とかキラキラしててもう……まぶし……
4 手が届かないと思ってた人からの『あいさつ』





ただの通知やで、ただの。一覧に、他の『あいさつ』くれた人と一緒に写真が並んでるだけ。


めっちゃテンション上がった。うそ、うそ、うそ、って、部屋で一人でつぶやいた。


何度も言う、まだ何も始まってないんよ。ただ、『メッセージ交換しましょうよ』的な意思表示の通知があっただけ。


しばらくそれを何度も繰り返して、それでもう一回、研究者さんのプロフィールを見た。


やっぱり、間違いない。私がすでに本名とかを特定してしまったあの人や。(そらそうやけども)


落ち着かないのでとりあえずお風呂に入り、寝る前ギリギリ(23時代)にあいさつを返した。そうすれば、返事を待ってそわそわすることもないって、思ったから。




翌朝。会社に向かう電車の中で、ブライダルネットにログインをしてメッセージを見た。


研究者さんからのメッセージは届いてなかった。


昼休み、会社近くのいつものカフェで、ブライダルネットにログインをしてメッセージを見た。


研究者さんからのメッセージは届いてなかった。


退社後、駅まで歩いている道中、電車の中、自宅までの帰り道……


研究者さんからのメッセージは届いてなかった。


大絶賛、返事を待ってそわそわしてた。
 




▶▶▶ 6 念願叶って届いたのは文字制限いっぱいの超長文