★ランキングに参加しています★

【過去記事】
1 人生二度目の告白、私が惚れてしまった人……きっかけはネット婚活
2 経歴は婚活4年史上過去最高、でも、飾らないピュアさにむしろ裏を感じる
3 国家公務員の若き研究者とかキラキラしててもう……まぶし……





翌日、研究者さんから足跡がついてた。研究者さんには私からの足跡が残ってたから、そっから来はったんやろう。


私は当時、仕事のことで悩んでた……好きな仕事やったけど、上手いことすすめられへんくて……。毎日切羽詰まってた笑(笑い事なんかじゃぜんぜんあにけど!)


やからこそ、全然知らない世界で、実力が認められてやっと職に就くことができたその人のことが輝かしく思えてならんかった。夢が敵ったんやな、素敵やな、がんばってほしいな、なんて。


ほんまキモイ\(^^)/(実害なけりゃあええやんね……)




ことはその日の夜に起こった。


当時、私はサイト利用者の中では比較的若めということもあって、『いいね』も『あいさつ』も、入れ食い状態。『あいさつ』してくれた人の中で、気になる人がいれば『あいさつ』をし、メッセージ交換へと進んでた。(ブライダルネットではまず、気になる人に『あいさつ』というものをし、相手が自分のプロフィールを気に入り、『あいさつ』を返してもらうと、ネット上でメッセージのやり取りができるようになる)


いつものように、たまった『あいさつ』から良い人おらんかな〜と思って、一覧を見た。


そこにはあのくしゃっとした笑顔。研究者さんからの『あいさつ』通知があった。

 



▶▶▶5 メッセージを待ってそわそわ時間を過ごすなんて無粋だわ!