★ランキングに参加しています★




やりとりの始まりは、先方からのメッセージだった。


---------------------
こんばんは。
プロフィールを拝見させていただき、
文面から真面目ながらも柔らかそうな雰囲気に魅力を感じ
連絡をさせていただきました。………
---------------------



先方のプロフィールは完璧だった。院卒(学校名は未記入)、弁護士、年収1000万超え、私より10歳上、見た目も悪くない、真面目そう……。


婚活サイトに登録したてで初めてメッセージをくれたのがこの人やったから、これはきっと何か裏があるで、または、私はこれからきっと騙されるんやで、なんて身構えてしまった。だって、私のそれに対して、先方はあまりにも高いスペックやったから。


それに、最初のメッセージに少し、違和感があったねん。







私、こうやってほぼ毎日ブログ書いててさ。あとあと読み返すと文章めっちゃくちゃやったり主語無かったり、って言うかそれ以前に方言丸出しで下品やねんけどな。でもな、婚活で出会った人とメッセージのやり取りする時はちゃんと、よそ行きって感じに、文章には気をつけてるねん。


毎日ブログ書いてるゆうても週末とか夜寝られへん時とかに書きだめてるんやけどね。今日は8月28日(日)、何の予定もなくて1日家に引きこもってる。最近引きこもってばっかり。未来に不安しかなくて。現実逃避してる。参照:他の男と接すると今の彼に優しくできるという皮肉


弁護士さんは私より10歳も上。やし、弁護士ってたぶん文章いっぱい読むし書くやんか。 弁護士の知り合いおらんしいっこも知らんけど。たぶん、そうやん、たぶん。


---------------------
こんばんは。
プロフィールを拝見させていただき、
文面から真面目ながらも柔らかそうな雰囲気に魅力を感じ
連絡をさせていただきました。………

---------------------


拝見させていただき、〜〜〜させていただきました


明らか変やん。3行目も何か変やん。 


気にしすぎ細かすぎかなって思いつつ、プロフィールの印象は好みやったんで、返事をすることにした。


真面目そうやったし、なんてったって弁護士やしね。