【過去記事】
1 友人とホワイトキーに初参加するも……序盤から嫌な予感。
2 やはりこの回のパーティーは不発な気がしていた。
3 ときめいた相手は宮川大輔☆
4 ぼっちなフリータイムを予期して逃亡
5 実りのないフリータイム
6 根暗チキン、駄々をこねる。
7 女性からのアプローチなんて私にとっては公開処刑なんだよ。



ふたりめの人とのお話タイムは、面白い程盛り上がりませんでした。話すこと、ない……相手も私に興味がないことがひしひしと伝わってくる……ごめん……。きまずい沈黙を過ごしていると、スタッフさんが何やら紙を配りに来てくれました。中身をみて……ビックリ!
このアプローチタイム前にチェックして提出した番号の方とのカップリング成功率が数字で書かれているんですもん。「このタイミングで?!」と驚きでした。女性からアピールする前にこの用紙が配られていたら、女子の行動の仕方も変わったろうに……。



そしてもうひとつ驚いたこと。



私は気になる異性の番号として、宮川さんを始め数人の男性の番号をチェックして提出しました。カップリング成功率19%の数字が並ぶ中、なんと、宮川さんとの成功率は97%!



なにこの差。



絶妙な心境やったよ。でもでも、宮川さんも私のこと気になってくれてたのかなぁ、でも結局、フリータイムでも女性からのアプローチタイムでもいっこも話せてないし……惜しいことしたなぁって、それはそれは悔やみました。



まぁ、女性からのアプローチタイム前に宮川さんとのカップリング成功率を知ってても、チキンすぎて行けなかっただろう感満載やけども。



orz



そんなこんなで、女性からのアプローチタイムは終了してしまいました。次は逆パターン。女性が机に突っ伏し、男性からアプローチする時間です。



正直、私の心は期待でいっぱいでした。全然人気じゃなかった私やけど、それでも宮川さんとのカップリング率97%ってことは……宮川さんにもその数字は伝わってるはずやから……だからだから……来るはずだ!!!って。いやむしろ来い!!!って。祈ってました。






クリックをお願い致します↓


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ   


次の記事はこちら▷9 正直に書くけど、私はタイプの彼を前にして、猫をかぶった。