【過去記事】
1 エヴァの婚活パーティーにもさ服で参加してしまった。
2 ぼっちな私に話しかけてくれた女子2人組。 
3 希望の星。かつての婚活仲間がママに!!!
4 もさ女、違うタイプの男性ふたりにロックオンされり。






さてもう一方の男性は、というと。



色白で線が細い、子鹿系男子。ぱっちりおめめが印象的でした。服装はパンツにチェックシャツ。いかにも草食系といった感じの雰囲気。やけども超積極的に、私のもとへと足を運んでくれていました。



なぞ。隠れ肉食?ロールキャベツ系男子とはこのことなの???



正直、プロフィール交換時に何を話したかなんて、記憶にもなかったような印象の薄さだったの。でもね、唯一覚えていたのが、子鹿くんが通う企業の名前。職業欄のところにばっちり書いてあったの。『パナソニック株式会社』って。



あれ、自分の務めてる企業の名前書くのって普通は抵抗あるもんじゃ?って思ったけど、大手やと人もいっぱいおるし、あんまり気にせんものなのかなー(´・ω・`)



子鹿のパナ男くんは、あまり表情は変わらないし、饒舌なわけでもないし。でもとにかく来てくれるので、それで沈黙するのも逆に申し訳ないようななんかよくわからん気持ちになって、私お得意のマシンガントークで話しまくっていました。


来るんやったらしゃべれや、とかって思ったけれども。こんな根暗でもっさい私なんかのところへ積極的に来てくれることを考えると、たとえマシンガントークに疲れても、『これ、女捨ててるんちゃうん』くらいに思うくらいガンガンにしゃべってても、とりあえず嫌な思いをさせなければそれで良いわなんて思っていました。
 

 



婚活に励む皆さんのブログはこちら↓
下記バナーからどうぞ\(^^)/

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ   

次の記事はこちら▷ 6 カップリングカード記入直前の葛藤を吹き消すひとこと。