【過去リンク】
お見合いバスツアーに初参加♪
お見合いバスツアーに初参加♪2
お見合いバスデビュー1 女性陣と仲良くなる。
お見合いバスデビュー2 ライバル警戒。
お見合いバスデビュー3 ひとつめの目的地。
お見合いバスデビュー4 バナナマンの日村さん。
お見合いバスデビュー5 日村と仲間たち。
お見合いバスデビュー6 ハーレム。
お見合いバスデビュー7 婚活男性の切実な叫び。 
お見合いバスデビュー8 私と叫びと日村達。 
お見合いバスデビュー9 女子との探り合い。 
お見合いバスデビュー10 追い回される。  
お見合いバスデビュー11 肉よりも保身が大事。  
お見合いバスデビュー12 女は怖い。 
お見合いバスデビュー13 葉月の反撃。 


の続きです。


いもさん


まぁ、日村さんと撫子さんはそれっぽく仲良くしてもらっとったら良い。私がかってに気を遣ってふたりっきりにさせたとかにしてあとで撫子さんにカマかけたんね。で、二宮さんとの結束弱めたんね。二宮さんは恐らく、ひとりじゃなにもできないタイプやから。


そんなことを考えながら二宮さんと話していると、ふいに二宮さんが聞いてきました。



「葉月ちゃん、気になる人おる?」
「いませんよ〜! 二宮さんは?」
「おらんよ〜!」


二宮さん、気になる人がおると確定。


「ですよね〜、全然いい人おらんもん。ほんま残念。気にもなってない人につきまとわれるし。こんなんカップルなんか成立するわけないやんうんたらかんたらららら」


男性陣をけなすように毒を吐きまくりました。男性陣、ごめんね。二宮さんに対するイライラを、男性陣をけなすというかたちで「二宮さん趣味悪いな」「モテてごめんね」と、まわりくどくまわりくどく伝えていました。


「は〜聞いてもらったらスッキリしました(^^) ありがとうございます!!! 私まだ全然食べてないので、たまねぎでも食べますね〜♡」


やっぱり、二宮さんはひとりでは何もできないタイプの女でした。私は一方的に会話を終え、くるっと向きを変えて一人の世界へ。ちょびっとだけスッキリとした気持ちで、たまねぎにタレをかけて喰らいにかかりました。


でも……いらんことを聞いてしまいました。それは、少し離れた所にいる撫子さんと日村さんの会話でした。 いらんところで地獄耳なのです。
撫子「葉月ちゃんが真面目に婚活やってるとは思えへん」
撫子「あんな若い子なんて冷やかし程度に来てるだけ」
日村「あれくらい若い子は正直、婚活相手には全く考えられへんわ」


若い子と言っても、撫子さんはアラフォー、私はアラサー。それに私だって、生涯の伴侶を見つけるために、本気で婚活やってるんやけどな。ライバルがいたりして私に冷たくあたるならまだしも、こんな悪口を言われるのは、腹が立つよりも悲しかった。日村さんまで、そんなこと口に出さんとってよ。


二宮さんに仕返したしっぺ返しがきたのかな。私は落ち込み、同時に反省しました。



お見合いバスデビュー15 紳士の服部さん。

クリックをお願いします(´・ω・`)ノ***
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ 
にほんブログ村 
 
婚活 ブログランキングへ