★ランキングに参加しています★





昨晩、ミスチルの曲を耳にして思い出したんや、ある黒歴史を。もうすっかり忘れてしまってたけどこんな出来事もあったなと懐かしくもあり、それに当時の自分の心境がわけわからんくもあり……。


でもこの時の私が今につながってるので記録しておこうと思って書き始めてみた。


今後同じような失敗する可能性もあるかもしらんしね。


大学時代、ほのかに恋心を抱いていた男の子からある日突然、こんな長文メールが送られてきた。


ちなみにミスチルは今でも好き。







怖がらないで

手当たり次第に灯り点けなくても
いつか一人ぼっちの夜は
明けていくよ

転んだ日は
はるか遠くに感じていた景色も
起き上がってよく見ると
なんか辿り着けそうじゃん

君の大好きだった歌街に流れる
それは偶然が僕にくれた
さりげない贈り物

Ah 旅立ちの唄
さぁどこへ行こう?
またどこかで出会えるね
Ah とりあえず「さようなら」
自分が誰か分からなくなるとき
君に語りかけるよ
でももし聞こえていたって
返事はいらないから

Ah はじまりを祝い
歌う最後の唄
僕は今手を振るよ
Ah 悲しみにさようなら

疲れ果てて足が止まるとき
少しだけ振り返ってよ
手の届かない場所で
背中を押してるから

Ah 旅立ちの唄
さぁどこへ行こう?
またどこかで出会えるね
Ah とりあえず「さようなら」
自分が誰か忘れそうなとき
ぼんやり想い出してよ
ほら僕の体中
笑顔の君がいるから

背中を押してるから
でも返事はいらないから








ちなみに昨夜、この話を友人に聞いてもらいながら、涙を流して笑ってしまった。





【最近書いた過去に関連する記事】
婚活を始めるキッカケとなった人との思い出の地へ。
別れたのは6年近く前、
失恋、パワハラ、解雇、鬱、セフレ、裏切り、婚活、結婚相談所。
思い出に浸る旅、開始早々のハプニング。
6年の進歩を感じた出来事。
元カレと過ごした地で感じたこと
記憶を辿って見えたもの
ダメ男とばかり思っていたけれど
婚活7年生の現状……婚活の副作用?

6年の進歩を感じた出来事