★ランキングに参加しています★

【過去記事】
1 人生二度目の告白、私が惚れてしまった人……きっかけはネット婚活

2 経歴は婚活4年史上過去最高、でも、飾らないピュアさにむしろ裏を感じる

3 国家公務員の若き研究者とかキラキラしててもう……まぶし……
4 手が届かないと思ってた人からの『あいさつ』
5 メッセージを待ってそわそわ時間を過ごすなんて無粋だわ!
6 念願叶って届いたのは文字制限いっぱいの超長文
7 研究者さんからの初めてのメッセージはとっても好印象
8 考えて考えて、1日あけて返事をした内容がコレ
9 毎日300字ピッタリのメッセージのやりとり
10 気恥ずかしいけどブログやから書けるけどあれはもう『恋』やった
11 なんで連絡先交換言い出してくれへんのん(;o;)
12 マサカノ連絡先交換デキズ????
13 強硬突破なるか
14 渾身のマジボケをかましてしまった
15 制限がなくなった私たちは何か変な方向に進んでってた
16 ^・x・^ { 初対面のお誘いゲット♡






展覧会は大盛況。ひと、ひと、ひと。列がずらーっとできてた。わたしたちはその流れとともに、ちまちま進んだ。







展覧会はめちゃめちゃ面白かった。


それに、その展覧会は研究者さんの専門分野ではないけどもちろん、知識は素人より深いわけで、いろんなことを教えてくれた。


わたしの緊張は次第にほぐれ、しょーもないことでふざけると、研究者さんものってくれ……(展示物を顔で表現してみたり)(タイトルを予想してみたり←当たるわけないやつ)(ふたりともいいとし)(ひとりは研究者)(自分のことを喪男、いや、喪研究者、なんて言う)(自虐)……。


そんなことをしているうちに、列はなくなった。人気の展覧会とか美術館でよくある、最初だけ並ぶアレや。わたしたちは自由に、自分たちのペースですすんでった。


そのうち、『閉館時間30分前です』のアナウンスが流れた。ふたりしておどろいた。まだ半分ほどしかまわれていなかったから。


研究者「ふざけすぎましたね(笑)」
葉月「ほんまですよ、いそぎましょう!」


小走りで、でもやっぱりふざけながら、ラスト半分をまわった。