★ランキングに参加しています★

【過去記事】
1 人生二度目の告白、私が惚れてしまった人……きっかけはネット婚活
2 経歴は婚活4年史上過去最高、でも、飾らないピュアさにむしろ裏を感じる
3 国家公務員の若き研究者とかキラキラしててもう……まぶし……
4 手が届かないと思ってた人からの『あいさつ』
5 メッセージを待ってそわそわ時間を過ごすなんて無粋だわ!
6 念願叶って届いたのは文字制限いっぱいの超長文
7 研究者さんからの初めてのメッセージはとっても好印象







今、過去のメールを読み返した。


あれはやばい。痛い。恥ずい。


ってか自分ら両思いやんけ、はよどっちでも良いから動けや!ってイライラする感じのやりとりやった。


じ ぶ ん ご と ( ^ω^ )


文量もやばかった。このブログ毎日書いてるけど、もう……テンションクソ違うし。おまえら何時間かけてメール打っとんやって感じ。


まあ……相手は研究者やし論文発表とかクソしまくってるからあんなメール朝飯前なんかもしらんけど。


それにしても『もきゅ〜(^・x・^)』的なのんとか擬音語とか擬態語とか使いすぎやしやっばーーー!


ってそんな痛々しくもバカップルのようなことを『会ったこともない』『アラサー女と30代半ばの魔法使い』が繰り広げてたねん。




・ 


話は美術館の話へ。私な、美術館とか展覧会とかが好きで(詳しくは全然ないけど)、気になるもんがあったら時々行くねん。で、『どれどれの展覧会めちゃよかった〜〜〜こんなところやあんなところ〜〜〜私はこうこう思った〜〜〜』みたいな話をしたねん。(『もきゅ〜( ^・x・^ )』的なノリでな)


研究者『(500字くらい略)葉月さんっ(`・ω・´)! 実はですね。研究者仲間から▲▲展の無料チケットをもらいまして……。私の職場のすぐ隣にあるんですが……もしお暇で、かつ、もしっもしっ気が向きましたら、ぜひご一緒していただけませんか?』


やったーって、部屋で飛び跳ねてたのを覚えてる。ついに初対面の機会を得たねん。




脱毛専門店の銀座カラー